記事の詳細

とにかく、長い間放置してた動画修正。
やっちゃおう。


12/10/29 (月)  6:05

---------
12/10/29 (月)  6:30
一個完了。二個目。

動画修正 Photoshop瞳に#!(←ダズのレンダリングバグ)
動画修正 Photoshop1
前のフレーム。

該当フレーム。目の角度がちょっと違う。
次のフレームは目が無い。

前のをコピペして回転させてみる。
修正完了

このファイルの胸毛にかかる。

今回は胸毛の位置とか大きさとかが違ってたので
最初に書いたレイヤーを複写して描き足し、& 角度を変えた。
動きが大きくなってくると、レイヤーを複写して回転させて描き足すより
新規に胸毛を書く方が簡単なんだけど……

レイヤー4から 、新規レイヤーで胸毛書いてる。

前に、あまり大きさの変わらないフレームでそれをやったら
胸毛だけがワサワサ動いているように見えて気持ち悪かったので
レイヤー複写するようになった。

胸毛はタブレットじゃなく、マウスで描き足してる。
(ペンとマウスを持ち替えるのが面倒臭いため。
 膝にタブレットだしておくのも面倒臭い)

おかげでマウス操作が超上達した(笑)

↑『角度のジッター』を『進行方向』にすると
 マウスでもなんとなく自然に描けてると思う。


12/10/29 (月)  7:04
二つめ動画終了。
---------
12/10/29 (月)  7:25
今日の動画修正三コ目。

アントニオの胸がキースの胸に突き刺さってます。

歪みフィルタオン!

ちょちょっとな。汗も歪んでしまってるけど。

修正前。                                      修正後

この動画は、こういう突き刺さりがたくさんある。


さっき、動画二枚目を終わったあとが5分なのに
この動画の開始が25分。

このタイムカウントはこの日記に向かった時の時刻なので
二枚目と三枚目の処理の間が20分開いているわけではないけれど
エクスプローラでフォルダとファイルを行き来してる間に
次のフォルダがどこで、何をすれば良いのか覚えてなくて
探し回る
……ということを、毎回してる……
多分それで五分は無駄にしてる。

これってどうにかできないもんかなぁ。

↓フォルダは開いていても、フォルダ名がパスになっているのでフォルダ名が見えない。
パスが似た所だと、同じ表示になるので、全部のフォルダをみるんだけど見失う。

↓左から、修正動画を集めたフォルダ、Photoshopから動画を書き出すフォルダ、
   個々の動画の静止画が入っているフォルダ、ゲームに使う静止画と動画が一緒に入っているフォルダ(ツクールの動画はOBJで、ファイルをクリックしても中身が見えないため、movの動画ファイルと静止画を一緒に入れて、流れを見やすくしている。ツクールの静止画(ピクチャ)フォルダは別にある。)、スクショした画像を入れるフォルダ←ブログにアップロードしたら削除していく。
こうして見ればどれが必要なのかはわかるんだけど、
日記に来るたびに、トイレに行くたびに、
『次に処理すべき』フォルダを見失う。

多分、この作業を好きじゃないから、精神が忌避してるんだと思うのよね。
がんばれ私。
こんなの誰も手伝ってくれないんだから、私がしなきゃ完成しないんだ!

がんばれ!

12/10/29 (月) 12:15  追加
フォルダーオプションで下記のチェックを外したら

フォルダ名が表示されました。

これ、私、マシンが新しくなってからチェック挿れたかなぁ。
こんなのいじった覚えがないんだけど、多分、デフォではないよね。
いじったんかなぁ。

---------
12/10/29 (月)  8:48

牛さんの左手の影を修正中。
19枚修正……

お互いに相手の局所を確認する二人。
ゲームに使うかわかんないけど、とりあえず作ってみた。

こういうのを挿れるなら、やっぱり静止画にも普通に
マンガみたいな流線挿れていいよね。

絵がマンガでもなく、超リアルなわけでもなく
こういう『動作説明』の画像処理とかどうしようかと思ってたんだ。

フキダシとか挿れておいて今更ななやみだった。
↓のフキダシも、挿れようかどうしようか、いまだに迷ってるけど
セリフのト書きで説明するのはなんかなぁ、とも思うんだ。
セリフのト書きってのは、ゲーム内テキスト(キャラがセリフをしゃべるシーン)で
「アントニオはキースの乳首をぐりぐりといじりながらうなじを噛んだ」とかね。

…………書いてみたら、これもいいな。

何がこう、突進力を失わせるか、ってこういう迷い、なんだよね。
テキストを挿れるのは全然かまわないんだけど
フキダシとか矢印とか『絵に直接』何かをすることに忌避感があるのは、
これがへたにマンガ絵じゃないからだと思う。

昔、マンガでキャラの顔を書いたとき、それに
照れたときの線を挿れられなかった時期があった。

↓例として私が書いたマンガ絵。

↓こういう、顔全体を跨ぐ斜線。
今はなんともないし
なぜあの時描けなかったのか。

なんというのかな、『照れたときの表現』としてそれが適切なのか
多分私の中でまよってて、
しかもそのころってデジタルじゃないから
一度描いちゃったら後戻りできないのね。

顔のこういう斜線なんて、今じゃ下書きも無くしゃしゃっと挿れられる。
レンダリング画像に何か書き込めない、ってのは
多分、私がまたその時期にいるんじゃないかな、と思う。

こんなのは引きずってもしかたないので、
今回の原稿でガツンと突破したい。



というか、最終的にどういう仕上がりにするか、決まってないのね。
いまだに決まってない。

初めてのゲーム作成の上に、
初めて、3Dでアニメーション作って
初めての動画作成だから仕方ない。

-前例が無い!
-なら、新しい経験だ!

(映画『アルマゲドン』のブルース・ウィルスのセリフ♪
 超お気に入り)


矢印を、中を塗りつぶした状態だと重たかったので
縁取りにした。
この太さも試行錯誤なんだよね……
私デフォの三ポイントで作ってみた。(囲みとか矢印とか三ポイントで作ってる)
縁取りアクションが無かったので作った。

縁取りの外側を自動選択ツールで選択した状態でアクション開始。
↑パスに変換するときに、全部直線なのに何をとち狂ったのか
 水色の根元が変形してる。(許容値がデフォの2ピクセルじゃ甘かったんかな)
なぜくっきりパスをとってくれないのか。
選択範囲が微妙だったんかい?

選択範囲は、透明部分を自動選択ツールで選択しただけなんだけどな。




↓ゲームのボーナスエロ絵が静止画動画全部入ってるフォルダ。
今修正してるのはココ↑
なので、もう95%できてる!
この修正が終わったら、ゲームに並べるだけ!

早くしよう早く!

私も早く、この一連の静止画と動画が動く様をみたいよ!
早く早く~♪

エンジンが掛かれば早い。


---------
12/10/29 (月)  9:27

DAZStudio4の目の光沢が気に入らなくてどうにかしようとしている。
(今回の動画のためではなく)

Poserはどうだったか忘れたけど(というか、その時は気にしてなかった)
DAZStudio4のジェネシスの瞳が、白目と瞳孔のサーフェイスが別なので
二つに跨がったきれいなツヤが出ない。

↓希望はこんな感じ。
  (Poserでテライユキちゃんを裸で書き出し、Photoshopで服と髪をつけた)
(髪の毛はこの程度でいい。
 逆に、ポリゴンのカクカクは、どんなにテクスチャきれいでもダメ)

たしか、Aiko 3.0 Eyes でも、黒目の内側にしか光が入らないのね。
白目にも挿れようと思ったら、白目のサーフェイスいじればいいけど、
光を変える度に、瞳孔、光彩、白目と、三つのサーフェイスを変えるのは面倒臭すぎる。

作っちゃえばマテリアル登録してあとはクリック一発なんだけど
試行錯誤するときが面倒臭すぎる。


私はとにかく
黒目の外縁の黒いライン
白目から跨がる光で消してほしいんだよっ!

白目にもツヤが欲しいの!

じゃあ、眼球のオブジェを作ってしまって、それに
光沢のサーフェイスあてたらいいじゃない、と思ってる。

白目まで覆う、大きなコンタクト、って感じで。
第四世代までは、そういう目の構造になってたらしい。
なぜ変えた?

とにかく、動画で一々瞳に光いれてらんない。


最初にDAZStudio4触ったときは、動画作る気無かったし
『どうせPhotoshopでいじるんだから』3Dでは全部できなくていい
と思ってたけど
DAZStudio4で動画を作るのなら、
『全部』DAZStudio4で終わらせないと
修正が膨大なことになる
ということが
今回の動画作成でわかった。

それでも、手書きで一からアニメ作ってらっしゃる方に比べれば楽だけど。

3Dで全部作る。
Photoshopで修正を挿れる。

この二つのコスパを考えてみる。

胸毛修正でこれだけやる気をそがれている私を鑑みるに
3Dで全部作った方が楽だと思う。

本当に、今月に入って、
毎日朝、「今日は胸毛描き込もう!」って思ってPhotoshop立ち上げるのに
他のことしちゃってるからね。

客観的にどっちが楽か、じゃなく
私が精神的にどちらが楽か、が大事。

でも、客観的にみても、3Dで作っちゃう方が楽な気がする。

服とかも、タイムラインで必要になったら、
そのつど全部Hexagonに書き出して細かくモーフ作るか
D-Formで変える。

動画一本終わったら、膨大な量のモーフがその服にたまってる筈。
(服の初期モーフでできる範囲でどうにかしようとは考えていない。
 私独自の脱がせ方があるからね!)


今回の動画を作ったあと、まず最初に3Dで作りたいと思ったもの。

『液体』

ローションとか、精液とか。
唾液はちょっと仕方ない。手書きじゃないと、やってられないけど
個別に噴き出すものは3Dで作った方が簡単だと思う。

きっと私、不定形作るの超得意の筈だし♪
(髪の毛作って自信ついた)

Hexagonの、にょろにょろの作り方でできるはず。

Shadeのメタボールがフリーズできれば言うことないんだけど
いまのところ、レンダできるだけなんだよね。

★達成用備忘録
Shadeのメタボールをフリーズできないか。

--参考サイト様-------
メタセコでのメタボールの使い方♪
日曜モデリング–メタセコイアで遊ぼう: メタボールとマグネットを使ったモデリング(メタセコイア)
---------
---------
12/10/29 (月) 14:04

買い換えたモニタの交換をして
モニタの色合わせなどしてました。
ワイド画面ひろいー♪

DAZStudio4のウインドウがこんなことにっ!

Photoshopだってこんなん。

縦幅は変わってないんだけど、解像度が大きくなったので
縦幅も増えたような感覚です。

1600×900って圧巻。
これが八千円台とは恐るべしドスパラ。

スピーカーがあっちむいてて、声がこっちに聞こえないとかあるけど
8千円なんだからいいや。


日本の家電メーカーがガンガン高いテレビ出してるけど
テレビとかモニタって『映ればいい』って層が大半というより
9割以上で、デザインとか映像関係とお金持ちの人だけが
そんな高いテレビ買うんだと私は認識してる。

普通の人は、テレビの映りが良くても悪くても
あんまり気にならない。

なにせ、うちのテレビ『偽ワイド画面』ってモードがあって
昔の倍率のモニタの画像を
変倍して画面の形に合わせてしまうという、
無茶なワイド画面。
(普通のワイド画面もある)

私は気持ち悪くてたまらないんだけど……
だって、正方形が横長の長方形に見えるんだよ?
景色とか全部歪むことになるのに。
人の顔だって、太って見えるのに!

私が実家に帰るまで、数年、親はそのモードでテレビ見てた。
画面一杯使ってる方が迫力合っていいらしい。
変倍は気にならないんだって。

こういう人達にね、高画質テレビなんて要らないんだよ。


8000円のモニタで一番気になったのはモニタの色なんだけど
一回印刷してから考える。
印刷物とその印刷したデータはあるわけだから
照らし合わせてまたカラー決めるよ。
フルカラー本作らなきゃ意味無いことだから、
今はそこに手間割かない。

ガンマとかコントラストとかはテキトーに合わせたけどね。

ぱっと見た感じ、画面が明るくて、
色が薄くハレーションおこしているような印象だった。
照明を落として、ガンマ合わせたら無くなったので、それでいい。

最近のモニタは普通に高性能だから
私が気になるほど色がおかしいことなんて無い。

昔は、CADやってる人が、モニタ来るたびに
一日掛けて調整するって言ってた。

昔は寒色に合わせてたと思うけど(蛍光灯っぽい)
このモニタは暖色がデフォだった。(電球色っぽい)
とりあえず、標準に戻してガンマ合わせた。

そして数分たつと、もう、前のモニタとどんだけ違ってたかとかわかんなくなる。
人間の目なんてアバウトなもんだ。

---------2013_01_18(金) am07:04 追加
このモニタが初期不良で修理に出して、修理不可能で
新機種に無料交換ってことになってるけど
12月4日に発送したのに、現時点でまだ届いていない。

20インチ買ったのが21インチになって戻ってくるってので
少し溜飲は下がっているけれど、いい加減遅いよ。


で、その間、父のパソコンのモニタを使っていて思った。
父のパソコンのモニタは先代パソコンで私が使っていたものなので
私の色合わせが入ってるんだけど
今回のマシンだとまた色が違う。

どうせ一カ月しか使わないし
父は色合わせ気にしない人だから、私も色合わせをいじる気は無かったんだけど
気付いたことがある。

以前の、『印刷用に色合わせ』したモニタで描いたイラストが
凄く明るく見える。

↓これね。

今のこの父のモニタでも、故障中のワイドモニタ(色合わせした)でも
これは『夜の闇』に私には見える。
そういうふうに黒くしたし。

なのに、ノートの画面で見ると、昼間みたいに明るかった。
このついてる文章が???と思えるほど明るかった。

ノートが色悪いのはわかってる。
けど、ほとんどの人は『印刷用に色合わせ』なんてしてないモニタ使ってるよね?

そして、私は、もう印刷はほとんどやめたんだし、
『色合わせ』をする必要があるの?
という問題にぶつかった。

ゲームとかデータ頒布しかしないなら
『汎用的な、色合わせをしていないモニタ』で見えるものを作らなきゃいけないわけよね?

昔、Windows持ってた友人が、マック使いのイラストレーターの人に苦言を呈していた。
(本人に言ったわけじゃないけど)

「なんでこの人のイラスト、全部こんなに暗いんかと思ったら
 マックやからかっ! もったいないよ、Windowsじゃ
 全然綺麗に見えてない!
 私は印刷物でこの人の絵が綺麗だと知ってるから見てるけど
 普通は、これ、通り過ぎられちゃうよ。
 本人わかってないんや?」

ってことだった。

今のマックはわからないけど
とにかく、モニタによって色は全然違う。

そして、前述したように、誰もが『綺麗な色』のために
高いモニタを買うわけでも無い。
私みたいに八千円のモニタ買うやつもいる。
(印刷に携わっててそれはどうなの?と思ったけど)

綺麗な印刷物を作るためにモニタの色合わせをしたことが
『一般的』なサイト閲覧者には不都合が多いんじゃないか。


ということで
こんど到着する予定のモニタは、デフォで使おうと思う。

一応色合わせだけはしてみ、
『印刷物対象の色合わせ』が暗くなるのか明るくなるのか、
色が偏っているのかだけ確認して数値だけ押さえ
デフォで使う。

印刷するときだけその数値に合わせればいい。

印刷しなければ、CMYKを考えずに色を塗れるから
とても綺麗な色を使える♪
RGBの綺麗な青は、四色分解では絶対に出ないからね。

色制限が無くなるってだけでも
Photoshop使う時に楽になる。

『印刷の色合わせ』する、って手間をわざわざかけて
デフォモニタを使っている人たちに不都合を引き起こすのは
本末転倒だ。

気付けて良かった。

2013_01_18(金) am07:22




Daz3Dで遊ぼう♪


 









 

Enjoy!&Thank you♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マッチョゲイBL3DCGエロ動画

Amazonランキング

ページ上部へ戻る